マンション経営とは

私的年金としてのメリット

家賃収入によってローンを完済した後は、家賃収入がそのまま安定した不労所得となり、あなたの老後を支えます。

今、公的年金制度は崩壊の危機に面しています。受給額は、到底日常生活を支えられる金額ではありません。現役の間に自分でしっかり退職後の備えをしておくことは、現代日本で働く私たちにとって必須課題です。退職後の備えは、体調や年齢のことなどを考えると、やはり家賃収入のように働かずに得られる収入であるべきです。

また、ローン完済時=自由に使える収入の受取開始時なので、退職から収入受取までのタイムラグを最小限に止めることができます。

高利回りの資産運用

'利回りの高さ'+'安心感' が、何よりも大きなメリットです。

都心部を舞台に、単身者をターゲットにしたワンルームマンションの家賃は高値安定を示しており、高い利回りを誇っています。 さらに、都心部の地価は上昇局面に入り、資産価値も比較的先読みできるようになってきました。

他の金融商品の金利が超低水準で推移している中、マンション経営は4%以上で推移しています。 低金利時代に適合した資産運用法だから、マンション経営は高い利回りが期待できます。

この利回りの高さに加え、安心感が何よりのメリットです。

生命保険代わりになる

万が一のことがあった場合、団体信用生命保険によってローン残債が消滅します。
残るのは"ローンのないマンション"です。

団体信用生命保険とは購入時にご加入いただく保険です。 保険料は利子に組み込まれている為、別途支払う必要はありません。 返済期間中にオーナー様が亡くなった又は高度障害になった場合、この団体信用生命保険によってローン残債が消滅します。つまり、残された大切な人にローンの返済は一切かかりません。 のみならず、以後の家賃収入はそのまま安定的な収入となって、残された大切な方々を支えてくれるのです。

節税対策としてのメリット

所得税・住民税において高い節税効果が期待できます。また、 相続にも有利です。

月々の家賃収入は”不動産所得”として、年一回確定申告をしなくてはいけません。 所得だけではなく、ローンの支払利息や建物設備の減価償却等も”経費”として申告できます。 全てを通算することで所得税・住民税の節税が期待できるのです。

また、マンションの相続は、相続税の節税が期待できます。 なぜなら、市場価格ではなく国が評価した”評価額”が課税対象となるためです。 一般の金融商品に比べ4~5割程度有利となることもあり、金融商品にはない優位性を誇ります 。

CONTACTお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、または
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-92-8380

PAGE TOP